シチュエーションや時期に応じて分ける

現像済みの写真の残し方

まずは、整理されていない全部の写真をあつめましょう。そのうえで撮影時期が古いものから新しいものになるよう順にまとめていきます。整理する量が多い場合には、空き箱などを利用し年代ごとにまとめてから、月ごと、イベントなどシチュエーションごとにわけるとよいでしょう。作業を中断する場合も年代ごとに箱に入っていることで、スムーズに作業が再開できます。時系列順に分けることができたら次は、残したい写真と処分する写真をきめていきます。同じような表情や構図の写真、ぼけているなど残す必要のない写真はここで処分します。

古いものからアルバムに保存していきます。アルバムのページ数、大きさにもよりますがここでも年代ごとや、1つのイベントでとられた写真が多い場合はイベントごとで、などまとめて保存していくと後で見るときに探しやすくなります。

デジタルデータの写真の場合

現像していない写真の場合もまずはパソコンや外付けHDDなど1か所にデータを集めます。デジタルカメラだけでなく、スマートフォンやタブレットなどのデータもまとめて整理してしまいましょう。パソコン等に取り込んだら、こちらも古いものからまとめていきます。デジタルデータの写真の場合「撮影日順」ごとの並び替えは簡単にすることができます。並び替えたら残したい写真、処分する写真をわけていきます。手軽にスマートフォンなどで撮影できるだけに写真の量が多くなりがちですが、【保存】するのもデータ容量がかかります。しっかりわけていきましょう。

デジタルデータの写真の保存は、そのままパソコンや外付けHDDに残す、アプリやクラウドストレージに保存するなどがあります。特にお気に入りの写真は現像してかざったり、後で見やすいようまとめてホルダーを作ったり、写真を加工するという楽しみ方もできますね。