大容量のHDDあるいはSSDの使用

HDDとSSDにはどんな違いがある?

写真を残す時に便利なのがハードディスクですが、ハードディスクにはHDDとSSDの2種類あります。一般的に使われているのがHDDです。大容量のものが多く、価格が安いということで人気になっています。一方SSDはSolid State Driveと言われるもので、HDDと同じように様々なデータを保存できる機器です。2つの違いはデータを読み書きする方法にあります。

HDDは回転している円盤に磁気でデータを書き込むのですが、SDDはメモリーチップにデータを読み書きしています。SSDはHDDより読み書きする時のスピードが速いというメリットがあります。しかし、HHDより価格が高く容量もそれほど多くないのがデメリットです。容量の多さや価格の安さを取るか、読み書きのスピードを取るかでどちらを使うか決めましょう。

手軽に持ち運びたいならポータブルタイプが便利!

HDDとSSDには様々なタイプがあります。パソコンでよく使われているのが内蔵タイプです。パソコンの内部に設置するタイプで、転送速度が速いハードディスクが多いのが特徴です。外付けタイプは、USBなどのケーブルでパソコンやタブレットと繋ぎ、データを転送することができます。外付けタイプと似たものに、ポータブルタイプがあります。

ポータブルタイプは外付けタイプを小さくしたもので、持ち運びしたい時に便利です。スマホやデジカメで撮影した写真のデータを、他のハードディスクに移したい、誰かに渡したいということもありますよね。そういう時にポータブルタイプを使えば、手軽にデータを移し替えることができます。ハードディスクごと持ち歩いて、色々な端末で使いたいという時にも便利です。